用語集

天然色素

動植物または微生物から抽出される色素のこと。天然染料と天然顔料に分けられる。代表的なものとしては、β-カロテン、カルサミン、コチニールなどがある。

有機合成色素(タール色素)に比べて光や熱、薬品に堪える力が弱く、色落ちや変色が起きやすい。そのためタール色素が低コストで作れるようになってからは食品以外での利用はあまり進まなかった。しかし、近年は安全性の高さや自然な色調、薬理効果などのメリットが見直され、化粧品への利用が再び増えてきている。

詳しくは、読んで美に効く基礎知識本文「花やお野菜、木の皮や根っこ/虫からも取れる天然色素」参照のこと。

このページのトップへ戻る

読んで美に効く基礎知識 の姉妹サイト

石けん百貨石けん百貨

きれいになりたい気持ちを応援。石鹸生活アイテムなら石けん百貨におまかせ

石鹸百科石鹸百科

石鹸生活の総合情報サイト・石鹸百科。各アイテムの基礎知識から具体的な使い方まで

せっけん楽会せっけん楽会

石鹸生活の疑問や情報交換ならせっけん楽会。お肌やヘアケアのカテゴリもあります

ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

石鹸生活のまわりに出没するニセ科学的なものごとについて検証します