用語集

レシチン

動植物の細胞中に存在しているリン脂質の一種で、生体膜の重要な構成成分。ギリシャ語で卵黄を意味するレシトース(Lekithos)という言葉から名づけられた。

油を水になじませてエマルションを作る作用(乳化力)がある。表皮に含まれるレシチンは、汗と皮脂を乳化して皮脂膜を作るのに役立つ。また、マヨネーズ原料の酢と油が分離せずクリーム状になるのは、卵黄に含まれるレシチンが乳化剤としてはたらいているため。卵黄のほかには、大豆、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどにも多く含まれる。健康維持のために効果があるとされ、サプリメントなども販売されている。

このページのトップへ戻る

読んで美に効く基礎知識 の姉妹サイト

石けん百貨石けん百貨

きれいになりたい気持ちを応援。石鹸生活アイテムなら石けん百貨におまかせ

石鹸百科石鹸百科

石鹸生活の総合情報サイト・石鹸百科。各アイテムの基礎知識から具体的な使い方まで

せっけん楽会せっけん楽会

石鹸生活の疑問や情報交換ならせっけん楽会。お肌やヘアケアのカテゴリもあります

ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

石鹸生活のまわりに出没するニセ科学的なものごとについて検証します