用語集

活性酸素

体に入った酸素がほかの物質と反応しやすい状態に変化したもの。体内での燃焼反応(栄養素からエネルギーを取り出す反応)の副産物として多く作り出されるが、紫外線や放射線、各種汚染物質、フリーラジカルの影響やストレスなども発生を促す。反応性が高いので周りの細胞を傷つけることが多く、特に脂質が活性酸素によって変質した過酸化脂質は金属のサビが広がるように次々と細胞を酸化してしまう。このように過剰な活性酸素はトラブルの元だが、最近では体内の殺菌や細胞内の老廃物処理、血液循環の調整など生命維持のために欠かせない働きをすることも分かってきた。

活性酸素の一例

スーパーオキシドラジカル(フリーラジカル)
体内で最初に、大量に発生する活性酸素。体内でエネルギーを作るときに生成される。
過酸化水素
スーパーオキシドラジカルに電子が1個くっついたもの。細胞膜も簡単に通り抜けるなど、透過性が強い。
ヒドロキシラジカル(フリーラジカル)
過酸化水素とスーパーオキシドラジカルが反応したもの。活性酸素の中でも最も酸化力が強い。
一重項酸素
強い紫外線などを浴びると体内に多く発生する。
このページのトップへ戻る

読んで美に効く基礎知識 の姉妹サイト

石けん百貨石けん百貨

きれいになりたい気持ちを応援。石鹸生活アイテムなら石けん百貨におまかせ

石鹸百科石鹸百科

石鹸生活の総合情報サイト・石鹸百科。各アイテムの基礎知識から具体的な使い方まで

せっけん楽会せっけん楽会

石鹸生活の疑問や情報交換ならせっけん楽会。お肌やヘアケアのカテゴリもあります

ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

石鹸生活のまわりに出没するニセ科学的なものごとについて検証します