用語集

サポニン

天然の界面活性剤の一種で、水に溶けて石鹸のように泡だつ。植物に含まれることが多いが、ヒトデやナマコなどの体内にも存在する。石鹸が普及していなかった時代には、ムクロジやサイカチの果実などサポニンを高濃度で含む植物で洗濯をすることもあった。

界面活性作用によって生物の細胞膜を破壊することがあるため、サポニンを多く含む植物はしばしば毒草とされた。一方で、植物から煮出したサポニンを水に流して魚を捕まえたり、漢方における去痰薬の原料になったりと、有効利用されるケースも多い。また、大豆、茶の種子、エンジュなどのサポニンは食品添加物(乳化剤)として用いられている。

このページのトップへ戻る

読んで美に効く基礎知識 の姉妹サイト

石けん百貨石けん百貨

きれいになりたい気持ちを応援。石鹸生活アイテムなら石けん百貨におまかせ

石鹸百科石鹸百科

石鹸生活の総合情報サイト・石鹸百科。各アイテムの基礎知識から具体的な使い方まで

せっけん楽会せっけん楽会

石鹸生活の疑問や情報交換ならせっけん楽会。お肌やヘアケアのカテゴリもあります

ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

石鹸生活のまわりに出没するニセ科学的なものごとについて検証します