用語集

ペプチド結合

アミノ酸同士が結合するときに取る形のひとつ。1つのアミノ酸のカルボキシル基(-COOH)と、ほかのアミノ酸のアミノ基(-NH2)が脱水縮合(注)してできる。このペプチド結合によってできるのがペプチドという化合物で、2つつながるとジペプチド、3つつながるとトリペプチド、多数つながったものはポリペプチドと呼ばれることが多い。タンパク質も基本的にこの結合によってできる。結合力がとても強く、分解するには強酸か強アルカリが必要。しかし生物の体内には体温程度の温度とpH7程度の環境でも素早くペプチド結合を分解する酵素がある。(例:ペプチダーゼ、プロテアーゼなど)

注:脱水縮合とは、化合物のなかの2つ以上の分子が反応し、そこから水(H2O)が取れ、その他の部分がつながって新しい化合物ができる反応のこと

このページのトップへ戻る

読んで美に効く基礎知識 の姉妹サイト

石けん百貨石けん百貨

きれいになりたい気持ちを応援。石鹸生活アイテムなら石けん百貨におまかせ

石鹸百科石鹸百科

石鹸生活の総合情報サイト・石鹸百科。各アイテムの基礎知識から具体的な使い方まで

せっけん楽会せっけん楽会

石鹸生活の疑問や情報交換ならせっけん楽会。お肌やヘアケアのカテゴリもあります

ニセ科学と石けんの諸問題ニセ科学と石けんの諸問題

石鹸生活のまわりに出没するニセ科学的なものごとについて検証します